noimage

今年からいよいよベーシックワーク法が施行された。 ベーシックワーク法とはメインの職業のほかに、 自治体が定めた「限界ワーク」と呼ばれるものに 従事することで 一定の収入(ベーシックインカム)を得る、 というものだ。 時短勤務、時差出勤、オンラインワークによって 多くの人々の業務効率が向上されたことで、 取り組みは一気に広まっている。 限界ワークはその自治体ごとに異なっていて、 男鹿市に住む私は 4…

2020.07.27
LABORATORY
noimage

南部曲がり家に住み始めて2年。 きっかけは牛を飼い始めたことによる。 食品の安全性と購入する際の 衛生面を考えて利用を始めた 食材の購入サイトの 「乳牛里親募集」のリンクを見て即決した。 でも当時のマンションでは飼えないので、 遠野に残っていた「南部曲がり家」を移築、リフォームした。 曲がり家だと、常に牛の体調が見えるので安心なのだ。 ちなみに我が家の日課は、朝の乳しぼり。 自分で育て、自分で絞る…

2020.07.27
LABORATORY
noimage

我が家は昨年家を建て直した。 間取りは5H(HOUSE)。 4つの離れと1つの母屋からできている。 きっかけは「家族の適度な距離」を保つため。 私も妻も在宅ワークになり、 子供たちのオンライン授業も当たり前になると どうしてもプライバシーが保たれない。 一方で両親も高齢になってきたため 少しでも近くに、ということから それぞれが独立した家の集合体を マイホームとすることにした。 玄関もそれぞれに付…

2020.07.27
LABORATORY
noimage

結婚して子供に手がかかるうちは 〈時短料理〉専門家だったが、 家にいる時間も増えた最近は 〈気長料理〉に目覚めている。 初めはカレーをスパイスから作るとか、 あんこからどら焼きを作るとか、 「調理」にこだわっていたが、 今や「食材」にまで及んでいる。 朝5時。 朝日を浴びながら、 私を乗せた船が沖へと進む。 今日の狙いは鯵と鰯。 ポイントにつくと一斉に竿を投げ入れる。 途端に竿が引く。 世界有数の…

2020.07.27
LABORATORY
noimage

家庭ごみが増えている、 というニュースを目にした。 どうやら、在宅率が増えることにともない、 生活ゴミも増えているようなのだ。 そんな中、わが町内会で取り組み始めたのが「ゴミ投資」だ。 私の旦那もそうなのだが、 料理を始めたばかりだと、加減が分からず、 余らせたり、失敗したり、 どうしても「生ゴミ」が増える。 そこで、「生ゴミ」を 町内で共同購入した生ごみ処理機で細かく粉砕。 一部は家畜の飼料に、…

2020.09.24
LABORATORY
noimage

架空の漫才コンビ「みちのく二人旅」が未来の車生活を語ります。 ツッコミ→ツ ボケ→ボ ツ: どうもー、「みちのく二人旅」です ボ: よろしくお願いいたします〜 ツ: 仙台の街を見てると、前よりバスに乗ってる人が減ったなって思うんですよ ボ: そうですか? ツ: ウイルスが流行ってから    密閉された空間に抵抗があるって人も増えたんですよね ボ: 俺はお前と二人きりだと息が詰まるけどな ツ: よし…

2020.07.27
LABORATORY
noimage

架空の漫才コンビ「みちのく二人旅」が未来の車生活を語ります。 ツッコミ→ツ ボケ→ボ ツ: どうもー、「みちのく二人旅」です ボ: よろしくお願いいたします〜 ツ: コロナウイルス流行ってから、 「人と人の距離感」が変わったなって思いません? ボ: 変わりましたよね〜 ツ: 一番わかりやすいのは、仕事で 「リモートワーク」って普及しましたよね。 ボ: しましたね ツ: リモートの会議って 自分の部…

2020.09.24
LABORATORY
noimage

架空の漫才コンビ「みちのく二人旅」が未来の一次産業を語ります。 ツッコミ→ツ ボケ→ボ ツ: どうもー、「みちのく二人旅」です ボ: よろしくお願いいたします〜 ツ: 東北人二人で漫才やってますけどもね 僕が仙台に住んでまして ボ: 僕が山形に住んでて ツ: 仙山線で移動してネタ合わせしてますけどもね ボ: ものの1時間で着いちゃいますから ツ: 今日はお客さんで一杯ですね ボ: ありがたいですね…

2020.07.27
LABORATORY
noimage

もはやテイクアウトできないものなどない。 老舗の定食も、なかなか予約が取れないフレンチも、 どんな飲食店のメニューも家で堪能できる。 そんな中、少し進化したテイクアウトが人気だ。 地元ラーメン店のサブスクリプション。 ラーメン消費量日本一の山形を代表する人気20店から、 半月に1度ランダムで おすすめメニューのミールキットが届く。 スープの濃さや具材の大きさに アレンジがきくのがGOOD。 トッピ…

2020.07.27
LABORATORY
【プロジェクト】お笑いの力で、東北を、もっとおもしろくする。 “笑いをきかせたお野菜”プロジェクト「アグリtheよしもと」

お笑いの力で、付加価値をつけ、産業とその従事者の利益に貢献する。 人を笑顔にすることを生業とし“笑い”という最強で最大の強みを生かす”笑いの総合商社”吉本興業と共鳴し、同社所属の宮城県仙台市の住みます芸人「なんだっけいいじま」「お野菜太郎」とともに、“笑いをきかせたお野菜”プロジェクト「アグリtheよしもと」を立ち上げました。 本プロジェクトでは「お笑いの力で、付加価値をつけ、産業とその従事者の利…

2020.07.01
NEWS
コロナ禍における東北の生活者の「生活自由度」は60.8点 (同時期の首都圏と比較して+10.3点) 給付金の使い道は、61.8%が「決めている」と回答。

●新型コロナウィルス関する東北の生活者データ(2020年5月) 株式会社東北博報堂(社長・當麻裕介)のシンク&アクトタンク『東北6県研究所(ロッケン)』は2020年5月、新型コロナウィルス禍における東北の生活者の意識や行動について、調査を実施(2020年5月22日~27日、対象は東北の20歳~69歳の男女600名調査概要は次ページ以降参照)。同時期に行った博報堂生活総合研究所による首都40km圏の…

2020.06.25
REPORT