【プロジェクト】シンク&アクトプロジェクト「Future TOHOKU」サイト公開

この度、ロッケン-東北6県研究所-(研究所長:加勇田亮二、以下「ロッケン」)および株式会社東北博報堂(代表取締役社長: 當麻 裕介)は、コロナを経験した私たちが、10年後の東北にひろげていきたい日常のしあわせを、より前向きに描き、つくる、シンク&アクトプロジェクト「Future TOHOKU」の特設サイトを公開しました。 Future TOHOKU 当サイトでは、「距離観【きょりかん】~再計測する…

2020.07.27
NEWS
noimage

いま観光は「ゆく」だけではない。 自分のいる場所から、世界のあらゆる場所にトリップする 「くる」観光を楽しむ人も増えてきた。 大学時代、国内旅行が好きすぎて、 日本を2周した経験がある僕だが、 いまは、福島で農家を継ぎ、 旅行ができるのは冬ぐらいしかない。 そんな旅好きの僕にぴったりなのが「くる旅」。 今夜は、友人の居酒屋で秋田をめぐることになっている。 店に入ると、モニターには 竿灯まつりのLI…

2020.07.27
LABORATORY
noimage

8月初旬のこの季節になると、 高校を卒業するまで大きなねぶたを追いかけ、 家族や友人と汗を流していたことを思い出す。 地元を離れ、子どもが産まれてからというもの、 ねぶた祭には1度も行けていない。 その代わりといっては何だが、 いまは、あたらしいねぶたの楽しみ方にハマっている。 「おうちねぶた」。 簡単に言えば、家庭用のミニチュアねぶただ。 今回注文したのは新進気鋭の女性ねぶた師のもの。 半年以上…

2020.07.27
LABORATORY
noimage

今日は、さんさ祭り最終日の夜。 私は、盛岡の実家に向けてクルマを走らせていた。 10年前、コロナで祭りが開催できなかったことをきっかけに、 ホログラムで祭り体験を共有する動きが 盛んになりつつあるのだ。 家につくと母から、 待ってましたと言わんばかりに、 「はやく、ノリコとつないでちょうだい」 とのリクエストが入った。 台湾に住む姉とオンラインで映像を繋ぐと、 私の隣に6歳の甥っ子のホログラムが現…

2020.07.27
LABORATORY
noimage

会津木綿の織物職人として、 ずっと着物や手ぬぐいをつくってきた私が、 年間数千枚のマスクを縫うことになるとは 思ってもみなかった。 マスクと言えば白か水色が主流で、 柄物はほとんどなかったけれど、 コロナの影響で腕時計をする感覚で、 みんなが一年中マスクをつけるようになった。 一枚3万円もする高級ブランドのマスクも売れていると聞く。 はじめは地元の人が買ってくれていたわたしのマスクは、 いまや、海…

2020.07.27
LABORATORY
noimage

わたしは市の委託を受けて、 「道」を管理している。 その道は散歩専用の道で、 近くに流れる最上川を眺めながら 悠々と歩くことができる。 この道を歩くには事前登録が必要で、 歩くためにチケットを購入する必要がある。 たんなるウォーキングコースや ハイキングコースと異なるのは、 さまざまなアート作品を 眺めながら歩くことができる点だ。 ”健康的鑑賞”と話題をよび、 県外からも多くの人が訪れるまでになっ…

2020.07.27
LABORATORY
noimage

コーヒーを飲んだり、たばこを吸ったり、 ぼんやりとSNSのタイムラインを追ったり。 仕事の息抜きの仕方は、ひとそれぞれだ。 しかし、わたしの部署では、 リモートワークの日、午前と午後1回ずつ みんなでオンラインの体操をするようになった。 はじめは、ラジオ体操を取り入れていたが、 ヒップホップダンスが趣味のメンバーが考案した ブレイク体操がなかなかの出来で、 いまでは“第3”までレパートリーがあるほ…

2020.07.27
LABORATORY
noimage

目覚ましが鳴りリビングに行くと、 自家焙煎ハマっている主人の 淹れ立てコーヒが優しい香りを漂わせている。 あの面倒くさがりの主人が コーヒー豆を煎ることになろうとは、 時代も変わったものだ。 2年前に立ち上げた「焙煎アカウント」は フォロワー数が10,000 人を超えたそうだ。 朝食のサラダの野菜はすべて自家栽培。 しかも無農薬。 市の農地を借りて家族みんなで作っいる。 ミニトマトとサニーレタスに…

2020.07.27
LABORATORY
noimage

午前中のオンライン会議の内容を、 企画書にまとめていたら14 時をまわっていた。 お気に入りのユーチューバ ―の 「初めてオートミル食べた」という動画を観ながら 昨日の夜に焼いたベーグルと お隣さんからもった鶏の燻製で簡単なランチ。 もうひとつやっつけたい仕事があるけれど、 集中力ゲージなさすぎ問題につき 近くの公園へカラダを動かしに行くことに。 公園の芝生には、 私と同じようなリモートワーカーや…

2020.07.27
LABORATORY
noimage

仙石線下りホーム。 いつもと違う方向の電車に乗る。 最寄りの駅を降りて、レンタルサイクルで少し走ると 目の前に海が広がってくる。 ここに勤務先が新しいオフィスを構えた。 というより契約した。 働き方改革が進み、全社員がテレワークに。 それに伴って会社はヘッドオフィスは縮小した。 ただ社員のつながりを強くするために 毎週火曜と木曜は海沿いのカフェをスペース借り。 社員が気軽に来れる仕事場兼交流の場と…

2020.07.27
LABORATORY
noimage

今日は土曜。 山へ向かって車を走らせる。 普通ならその目的は登山やゴルフだろうが、 私の場合はそうではない。 私がマタギを始めてかれこれ10 年。 「やっと狩人らしい呼吸になったな」 と師匠がほめてくれた。 しかし、 自然を相手にしたこの行為は 常に命を危険にさらしている。 ゴルフのようにリカバリーショットを打つことはできない。 常に一発勝負だ。 山は神。 そこに住む生き物を頂戴することは、 一種…

2020.07.27
LABORATORY