コロナ禍における東北の生活者の「生活自由度」は60.8点 (同時期の首都圏と比較して+10.3点) 給付金の使い道は、61.8%が「決めている」と回答。

●新型コロナウィルス関する東北の生活者データ(2020年5月) 株式会社東北博報堂(社長・當麻裕介)のシンク&アクトタンク『東北6県研究所(ロッケン)』は2020年5月、新型コロナウィルス禍における東北の生活者の意識や行動について、調査を実施(2020年5月22日~27日、対象は東北の20歳~69歳の男女600名調査概要は次ページ以降参照)。同時期に行った博報堂生活総合研究所による首都40km圏の…

2020.06.25
REPORT
#研究レポート 東北をおもしろくする「酒」(後編)

ロッケン(東北6県研究所)は、去る2019年11月27日に初めての研究発表会となる「お見立て会2019」をせんだいメディアテークにて開催いたしました。今回のお見立て会では「別解を、東北からうみだそう」をテーマに、東北をおもしろくする価値観についての提言や、研究パートナーである宮城大の学生たちと「お酒」のあたらしい楽しみ方をプレゼンテーションいたしました。前回に引き続き、本記事では、その際のプレゼン…

2020.04.07
REPORT
#研究レポート 東北をおもしろくする「酒」(前編)

ロッケン(東北6県研究所)は、去る2019年11月27日に初めての研究発表会となる「お見立て会2019」をせんだいメディアテークにて開催いたしました。今回のお見立て会では「別解を、東北からうみだそう」をテーマに、東北をおもしろくする価値観についての提言や、研究パートナーである宮城大の学生たちと「お酒」のあたらしい楽しみ方をプレゼンテーションいたしました。前回に引き続き、本記事では、その際のプレゼン…

2020.04.07
REPORT
#研究レポート 「東北をおもしろくする」

「東北をおもしろくする。」を行動原則として船出した東北6県研究所「ロッケン」。私たちの思いやアプローチをお見立て会でのプレゼンテーションを一部抜粋しながら紹介します。 「ただしさ」よりも「おもしろさ」 「おもしろい」。何気なく使われる言葉ですが、その中身は実に多様です。日本語だと「心惹かれる」「普通とは違う」「笑いが止まらない」。英訳すると「funny(ゲラゲラ笑う)」「interesting(興…

2020.02.18
REPORT
#お見立て会2019レポート

ロッケン(東北6県研究所)は、去る11月27日に初めての研究発表会となる「お見立て会2019」をせんだいメディアテークにて開催いたしました。 今回のお見立て会では「別解を、東北からうみだそう」をテーマに、東北をおもしろくする価値観についての提言や、研究パートナーである宮城大の学生たちと「お酒」のあたらしい楽しみ方をプレゼンテーションいたしました。当日は、お得意先さまをはじめ、メディア関係者さま、協…

2019.12.25
REPORT
#ロッケントーク: vol.3 新聞を読まない大学生とこれからの地方紙の可能性を探ってみた

  若者の新聞離れを、いかに食い止めるか。それは中央紙のみならず地方紙にもあてはまる大きな課題です。日本新聞協会が発表している日本の新聞発行部数によると、2018年は約3990万部。マスメディアとして大きな数字を維持してはいるものの、これまで新たな購読者として期待されていた大学生や新社会人もスマホでの情報取得が当たり前となり、新聞紙面以外の関係構築が急務な状況です。しかし、そのような中で…

2019.11.08
REPORT
#ロッケントーク: vol.2 若者に直撃インタビュー!お酒離れ、ホントに進んでる?(後篇)

ロッケントーク「vol.2」は前回に続き、若者のお酒離れの実態について宮城大の学生4人とトークした内容をお伝えしていきます。 <今回のトークメンバー> 名前(学年):好きなお酒 写真左から かなめ(4年):ビール、芋焼酎 さや(4年):日本酒、ジン系カクテル、ビール ななみ(3年):レッドアイ しんじ(3年):ハイボール、甘いサワー <インタビュー> 武田陽介 お酒は「飲む」ものではなく「使う」も…

2019.09.20
REPORT
#ロッケントーク: vol.1 若者に直撃インタビュー!お酒離れ、ホントに進んでる?(前篇)

記念すべきロッケントーク「vol.1」。 クルマや旅行、映画やジーンズなど、若年層の消費が落ち込むたびに若者の「○○離れ」と題した記事やニュースを見かけることは少なくありません。「お酒」もそのひとつとして、これまで話題になってきました。しかし、それは本当なのだろうか?飲む回数や量が減っても、その価値や関係値は高まっている可能性があるのでは?そんな疑問から今回は、若者のお酒離れの実態について宮城大の…

2019.09.06
REPORT
noimage

ロッケントークとは… ロッケンのメンバーが東北をウォッチして気づいたことや、地域・社会課題について語り合い、未来に向けてのアイデアや大切にしたい視点を定期発信するとても真面目で、ちょっとおもしろい?コーナー。時に、東北で活躍するプロフェッショナルや有識者をゲストにお招きしながら課題解決や新規ビジネスにつながる糸口を見つけていきます。 今回は「vol.0」として、自分たちロッケンについて、 発足の意…

2019.07.31
REPORT